Pocket

bリーグ 速報
出典https://yu-check-news.com/bleaguechampionship2018

最新シーズン(2018~2019)のbリーグのネット中継、動画ハイライト配信はどうなるのでしょうか?

bリーグ チャンピオンシップ

東地区2位のアルバルク東京が同1位の千葉を85―60で破り、Bリーグの2代目王者につきました。この瞬間からもうすでに来季(2018-19シーズン)へ向けての戦いがスタートしています。さて、気になるネット中継や動画配信はどうなるのでしょうか?今まではスポナビライブというサイトで楽しめましたが、今後、サービスが終了する予定です。

bリーグネット中継

はい、終了もあれば、始まりもあります。ソフトバンク株式会社は「スポナビライブ」で提供するコンテンツ(一部除く)を、「DAZN」で提供することについて合意したことにより「スポナビライブ」は2018年5月31日をもってサービスを終了するそうです。

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)とヤフー株式会社(以下「ヤフー」)は、男子プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」や「AKATSUKI FIVE」男子日本代表など、国内バスケットボールの試合のライブ中継が楽しめる、ソフトバンクの新サービス「バスケットLIVE」を、2018年6月29日(金)から「Yahoo!プレミアム」会員(以下「プレミアム会員」)向けに提供開始します。「バスケットLIVE」の開始に伴い、千葉ポートアリーナ(千葉市中央区)で開催される「FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 1次予選」の「AKATSUKI FIVE」男子日本代表とオーストラリア代表の試合をライブ中継します。

「バスケットLIVE」は、ソフトバンクが運営するサービスで、プレミアム会員向けの新たな特典として提供します。プレミアム会員であれば、月額料金(462円)はそのままで、「B.LEAGUE」の全試合※1や「AKATSUKI FIVE」男子日本代表、その他アマチュアの国内バスケットボール※2の試合のライブ中継をお楽しみいただけます。

ソフトバンクとヤフーは、“ソフトバンク”のスマートフォンなどをお使いのお客さま向けに、「Yahoo!プレミアム」の全特典を使い放題で提供しているほか、“ワイモバイル”の「スマホプラン」や「データプラン」をご利用のお客さま向けに「Yahoo!プレミアム」と同内容の各種特典を利用できる「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」を提供しており※3、“ソフトバンク”や“ワイモバイル”のお客さまなら、料金プランの月額料金はそのままで「バスケットLIVE」をご利用いただけます。

[注]
※1 B.LEAGUE B1(1部)リーグ戦、B2(2部)リーグ戦およびチャンピオンシップ、B1残留プレーオフ、B2プレーオフ、B1・B2入替戦の全試合が対象です。
※2 B.LEAGUE U15、ウインターカップなどの国内主要試合の配信を予定しています。
※3 “ソフトバンク”のお客さまは「スマートログイン」を設定することで利用できます。一部対象外の料金プランがあります。”ワイモバイル“のお客さまは“ワイモバイル”サービスの初期登録(“ワイモバイル”契約電話番号と「Yahoo! JAPAN ID」の連携)をすることで利用できます。
概要
1. 提供開始日
2018年6月29日(金)

<初回配信試合>
「FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 1次予選」
「AKATSUKI FIVE」男子日本代表 対 オーストラリア代表(午後7時40分試合開始)
2. 対象
「Yahoo!プレミアム」または「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」会員のお客さま

[注]
※ Yahoo! BB「プレミアム」プランなど、「Yahoo!プレミアム」を包括したサービスを契約のお客さまも対象となります。
3. 視聴方法
「バスケットLIVE」の専用サイト(別ウィンドウで開きます)で視聴できます。

以前のスポナビライブのシーズンパスチケットでは、年間5000円でしたが、Yahoo!プレミアム会員ではバスケットシーズンの9月から入って翌5月いっぱいで3千円台で済むからお得ですよね。

今ではすっかり定着した、日本男子プロバスケットボールリーグの「bリーグ」。日本の各地域に密着した地元ならではの盛り上がりまあります。サッカーとは違いインドアですので、会場の一体感はすさまじい迫力があります。bリーグには、b3、b2、b1といった組織があり成績によって入れ替え戦が行われ、日々の実力が試される厳しい環境です。だから応援するお客さんもプレーする選手も必死で、そのライブ感は最高です。

bリーグチーム一覧!全部で何チーム?(2018~2019年シーズン)初代チャンピオンは?

b1には3つのブロックに別れ18チームがしのぎを削りチャンピオンを目指します!

東地区:レバンガ北海道、秋田ノーザンハピネッツ、栃木ブレックス、千葉ジェッツ、アルバルク東京、サンロッカーズ渋谷。

中地区:川崎ブレイブサンダース、横浜ビー・コルセアーズ、新潟アルビレックスBB、富山グラウジーズ、三遠ネオフェニックス、シーホース三河。

西地区:名古屋ダイヤモンドドルフィンズ、滋賀レイクスターズ、京都ハンナリーズ、大阪エヴェッサ、ライジングゼファー福岡、琉球ゴールデンキングス。

※栃木ブレックス⇒初代チャンピオン

 また、18-19年シーズンからの外国籍選手がコートに立つ人数を制限する「オンザコートルール」の変更も発表された。B1、B2ともに第1Qから第4Qまでそれぞれ外国籍選手2人に加え、日本国籍を取得した「帰化選手」も1人コートに立つことが可能となった。これまでのルールでは、外国籍選手1人と帰化選手1人までが最大だったが、この変更によって外国籍選手の出場できる場面が増えたことになる。大河チェアマンは「帰化選手の国籍が日本ということを尊重した。半年以上、1年近く議論を重ねた。日本代表の強化にもつながるし、外国籍選手からプレータイムを勝ち取る日本人ビッグマンが出てきて欲しい」と期待を寄せた。

bリーグの日程や放送時間は?

bリーグの日程は、9月から翌年の5月まで、毎週1回のペースで全チーム60試合行われ、土日中心で、金曜日や月曜日に試合を行うチームもあります。bリーグの地上波や無料のBS放送は、開幕戦や優勝決定戦などの特別の試合でない限りはテレビ放送されず、放送されたとしても深夜に録画放送が中心です。高画質なら有料のスポーツ配信サービスで、低画質ならスマホの無料アプリにて、土日の試合は12時近辺の時間帯から試合終了まで、月曜と金曜の平日の試合は17時近辺の時間帯から試合終了までライブ配信されてます。

bリーグのチケットはどうやって手に入れる?

bリーグのチケットの購入方法は3通りの方法があります。インターネットを使ってbリーグの公式サイトや、見たいチームの公式サイトからネット経由でスマホを使ってB.LEAGUEスマホチケットをダウンロードする方法があります。この方法で購入するとスマホのダウンロード画面をアリーナ入場時に見せるだけで発券せずに入場できます。他には大手コンビニチェーンの端末から購入する方法や、試合当日に現地で直接購入する方法があります。支払いはカードがおススメです。なかでも楽天カードはポイントもたまってお得です。まだお持ちでないならこの機会にぜひどうぞ!


楽天カード株式会社
〒158-0094
東京都世田谷区玉川一丁目14番1号 楽天クリムゾンハウス
TEL 0120-86-6910
新規入会でポイントがもらえる!【合計】5,000ポイントGET!スマホ・PCで24時間申し込みOK!

bリーグアーリーカップはどんな試合?

まず、bリーグとは、公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリー(JPBL)が運営する、日本の男子プロバスケットボールリーグの通称です。bリーグアーリーカップとは、2017年に始まったbリーグ初のカップ戦であり、全国4地区(関東、関西、東海・北陸、東北)で開催されます。レギュラーシーズンの開幕に先駆けた、B1クラブ、B2クラブのカテゴリー枠を超えた一発勝負の地区別トーナメントとなっています。

bリーグオールスターの決め方やチーム構成は?

bリーグでは1年に1度、オールスター選手によるオールスターゲームを開催しています。ファン投票で12名の選手が選出され、公開ドラフトによりB.BLACKとB.WHITEの2チームに6名ずつが分けられます。さらに各チームにリーグ推薦選手が5名ずつ選出され、最後にSNS投票で選ばれた選手1名ずつ加わるのです。これまでのオールスターゲームでは、2017年にはB.BLACKが、2018年にB.WHITEがそれぞれ試合の勝者となっています。

bリーグプレーオフの仕組みは?

bリーグのプレーオフは、b1リーグの総合チャンピオンを上位6チームのトーナメント戦で決めるチャンピオンシップ、b2リーグの総合チャンピオンを上位4チームのトーナメント戦で決めるb2リーグプレーオフ、そしてb1リーグの下位4チームのトーナメント戦で行われるb1残留プレーオフがあります。また、b1残留決定戦で敗退したチームとb2 3位決定戦で勝利したチームの一発勝負の直接対決で行われる入替戦があります。

bリーグチャンピオンシップの道のりや見どころ

bリーグチャンピオンシップとは日本の男子プロバスケットボール、bリーグの優勝決定トーナメントです。bリーグチャンピオンシップに出場するには東地区、中地区、西地区の上位2クラブと各地区3位以下の勝率上位2クラブが参加できます。今年の見どころは去年の覇者、田臥勇太率いるリンク栃木ブレックスは連覇できるのかどうかです。一昨年は準優勝、昨年は優勝と着実に力をつけてきているリンク栃木ブレックス。果たして連覇できるのか?そしてリンク栃木ブレックスの連覇を阻止できるチームはあるのか?ここに注目して見ていくと面白いです。

bリーグの試合速報や動画ハイライトはどこで見れる?

bリーグの情報を知りたいならb1b2リーグ公式戦のライブ中継も配信しているSportsnaviの公式サイトが便利です。トップページのメニューから「バスケ」をクリックすると「日程・結果」のコンテンツの「試合状況」に途中経過や結果のスコアが表示されているだけではなく、「テキスト速報」ではクォーター毎に試合中のイベントが記載されており流れを追う事ができます。「動画」をクリックすればサムネイルの一覧が表示されるので、見たい試合を選択すれば動画ハイライトが再生されます。
【最新配信情報】
ソフトバンク株式会社は「スポナビライブ」で提供するコンテンツ(一部除く)を、「DAZN」で提供することについて合意したことにより「スポナビライブ」は2018年5月31日をもってサービスを終了するそうです。ですがBリーグの放送は2017-18シーズン終了まで全試合配信され、B2リーグに限り第19節から無料開放されます。2018-19シーズンはソフトバンクが試合のライブ中継(ネット配信)を担当するそうなので、今後もいち早く情報を公開しますのでチェックしてくださいね。

Pocket

コメントを残す

CAPTCHA