Pocket

b1 昇格
出典https://twitter.com/akita_nh

B2 プレーオフ セミファイナル 2017-18
秋田ノーザンハピネッツVS熊本ヴォルターズは85対81で秋田ノーザンハピネッツの勝利!


b1 昇格の危機

うーん、ですが、前半の秋田はなんか、別のチームみたいでしたね。プレーオフの緊張感、b1 昇格の「やってやる!」感があまりに強くて気負っているのか?まるで動きが固い!硬すぎる。イージーなシュートがことごとく外れる。



外国人選手が中に入れない、中のシュートを入れさせてくれない。最大で15点差!ああ、このまま一進一退で負けるのか?やりたい展開を相手に逆にやられている。

せめて、ホームの利を生かしてもらいたいが、それすら、かすむ場面も。

何でこうなる???と誰もが思った。実力は確かにあっても、それを大事な試合で出すことの難しさ、、、。チームが熟成されていても、まだ未熟ということ。



だからこの機会にそれを苦しみ、打開出来たことは、またこの先に大きな財産となると思う。

トミオトミオ


いつの日か、秋田のチーム力がここぞという時「大一番で発揮」となれるように!進化の途中でありますように!

後半は何か吹っ切れたような、「猛追」を見せてくれた。ゲームとしては芸術性があって、面白かったが、それでも「勝ち切る」ところは、勝利の女神を手繰り寄せる強い意志、努力が実を結んだのだろうか。

この経験を活かして、さあ、明日B1復帰を決めれるか?相手もまた捨て身でくると思うし、秋田のインサイド、外国人選手の爆発に期待したい。行け!コールビー、スパイクス、カヨール!助っ人のプライドを見せてくれ!

でも、この日の試合の動画は絶対に今後、チームの調子が悪い時はチームスタッフ、選手は何回も見た方がいいです!!

b1 昇格 条件!2018年5月13日(日)B2 昇格プレーオフ 準決勝 試合結果

99対65で秋田の勝ち

まあ、この日は本当にやってくれました。b1昇格条件をクリアーしました!昨日は一体何だったの?という感じでした。第1クオーターで、シュートが入る入る!!
谷口選手の3Pで抜け出し、コールビー選手のミドルも効果的でした。

守備も本来のアグレッシブさを取り戻し、終始、主導権を渡さなかったし、安心してみることが出来ました。うーん、すべてが神ってる。

トミオトミオ


まあ、世の中偶然はありません。また人生に無駄なものは何一つないということを、コツコツと努力を積み上げることで実証しました。(谷口選手の妻からの一言「いつまで殻にに閉じこもっているの?今までと同じだよ!」凄いあげまん効果ですね。夫婦仲も報われます。笑)挫折や失敗を、決して自分を永遠に処罰するようなものにはしないことです。

1年前、B2降格という、どん底を経験しました。そこから這い上がるまで、新しい経験を積み重ねました。B2での勝率9割、ある意味、勝って当たり前のプレッシャー。



本当にきつかったと思います。それでも、こうして最高の結果を示せたのは自信を持ってもいいと思います。

去年、もしかしたら、ぎりぎりでB1に残留できていたら、今のチーム構成ではなかったと思います。新しい戦術、選手との出会いもありません。成績も上がらないで、また降格の危機にさらされていたかもしれません。

昨年5月14日に横浜とのB1残留プレーオフで逆転負けしたおかげで、ヘッドコーチ、選手が再構築され、秋田ノーザンハピネッツ歴代最高のレベルを作り上げたのですから。


さあ、ここからがまだスタートラインに立った訳です。B1の東地区は激戦区です。秋田ノーザンハピネッツにいた富樫選手、ライオンズ選手の千葉ジェッツと戦う機会もあります。

本当の闘いはこれからです。仕上げはB2の優勝しかないです!

Pocket